非小細胞肺がん(NSCLC)におけるドライバー遺伝子変異は、分子標的治療に対する感受性が高く、個別化治療の実施が可能となることから有望な治療標的と考えられています。
がん医療で展開されている「プレシジョン・メディシン(精密医療)」には、遺伝子診断が欠かせません。
メラノーマの罹病率には明確な人種差があり、非白人に比べて白人で多く発症がみられます。
炎症は免疫系の生物学的反応であり、病原体、細胞の破損、毒性化合物などにより引き起こされます。
メラノーマ治療において、免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬を用いた一次治療の有効性および安全性は多くの臨床試験で検証されていますが、実臨床で生じる様々な状況で治療選択の参考になるようなリアルワールドエビデンスは不足しています。
慢性GVHDは同種造血幹細胞移植(HCT)後において、最も頻度が高い合併症の1つであり、罹病と非再発死亡の最も重大な要因です。
近年、同種造血幹細胞移植(allo-HCT)の治療成績の向上によ って生存者数が増加しており、長期的なサバイバーシップケアの重要性が注目されています。
重症化リスクの高い慢性移植片対宿主病(GVHD)の兆候およ び初期症状をどのように把握するかは依然として課題である。
×

Medical Information Request

×

Ask Speakers