こちらに掲載のコンテンツは医療関係者限定となります。医療関係者以外はページを閉じてください。

肺がん

非小細胞肺がん(NSCLC)におけるドライバー遺伝子変異は、分子標的治療に対する感受性が高く、個別化治療の実施が可能となることから有望な治療標的と考えられています。
がん医療で展開されている「プレシジョン・メディシン(精密医療)」には、遺伝子診断が欠かせません。
×

Medical Information Request

×

Ask Speakers