こちらに掲載のコンテンツは医療関係者限定となります。医療関係者以外はページを閉じてください。

GVHD

慢性GVHDは同種造血幹細胞移植(HCT)後において、最も頻度が高い合併症の1つであり、罹病と非再発死亡の最も重大な要因です。
近年、同種造血幹細胞移植(allo-HCT)の治療成績の向上によ って生存者数が増加しており、長期的なサバイバーシップケアの重要性が注目されています。
重症化リスクの高い慢性移植片対宿主病(GVHD)の兆候および初期症状をどのように把握するかは依然として課題である。
同種造血幹細胞移植(allo-HCT)後には、移植からの時期に応じ、さまざまな移植関連合併症が起こる可能性があります。主な合併症の1つである移植片対宿主病(GVHD)の予防・治療は移植後管理における重要な要素です。
×

Medical Information Request

×

Ask Speakers