▼炎症、免疫およびがんの関係  ▼がんリスクを高める慢性炎症  ▼がんにおける炎症の二面性

 

がんにおける炎症の役割

Ⅱ. がんにおける炎症の役割

 

炎症、免疫およびがんの関係

炎症、免疫およびがんには関連性があることはよく知られており、疫学的、遺伝学的、臨床および前臨床のエビデンスがあります1)

がんにおける炎症の病理学的役割に関して、これまでに報告されているエビデンスを表1にまとめました。

 

がんリスクを高める慢性炎症

がんの多くのリスク因子は、喫煙、肥満、感染症、飲酒、微粒子への曝露、腸内毒素症、膵炎、炎症性腸疾患(IBD)などの炎症と関連しています(表22)
  がんの約20%は、感染症や炎症(慢性閉塞性肺疾患[COPD]、膵炎、IBDなど)に関連しています2,3,5)
局所的な慢性炎症が腫瘍形成に先行してみられます:IBD→結腸直腸がん、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎→胃がん、喫煙→肺がん5)
全身性炎症が肥満、高血糖、高脂血症などによって誘発されると、様々な種類のがん(肝がん、膵がん、結腸がん、乳がんなど)のリスクが高まる可能性があります5)
  肥満は、数種のがん(膵がん、食道腺がん、結腸がん、胆嚢がん、非消化器がんなど)のリスク増加と関連しており、予後不良とも関連しています33-35)
  肥満では、脂肪細胞はレプチン、IL-1、IL-6、TNF-αなどの炎症性因子を産生します2)
いくつかの感染性病原体は、疫学的に様々な種類のがんと関連しています2):ヘリコバクター・ピロリ感染→胃がん、B型および/またはC型肝炎ウイルス→肝がん、およびエプスタインバーウイルスとHIV→リンパ腫(表2)2,36)

 

がんにおける炎症の二面性

炎症には、腫瘍促進性炎症(pro-tumor inflammation:PTI)と抗腫瘍反応の2つの側面があります。
抗腫瘍反応が自然免疫や獲得免疫を介してがん細胞を排除するのに対して、PTIは、増殖因子、血管新生因子、細胞外マトリックス(ECM)修飾酵素、活性酸素種(ROS)の産生などを介して細胞にがん細胞の特性を獲得させ、腫瘍形成を促進します1,37)
がんの増殖・進展においては、このPTIと抗腫瘍反応のバランスが重要であり、PTIが優勢になると細胞傷害性免疫細胞の活動が制限されて、がん細胞は免疫から逃れて増殖することが可能になります(図138,39)
腫瘍の増殖に伴って腫瘍微小環境(TME)が発達し、制御性T細胞(Treg)、マクロファージ、骨髄由来サプレッサー細胞(MDSC)などの免疫抑制細胞が動員され5,37,40)、がんの増殖・進展の様々な段階で、腫瘍形成促進作用を示すことがあります41)

 

References
1) Hanahan D, et al. Cell. 2011;144(5):646-674.
2) Todoric J, et al. Cancer Prev Res (Phila). 2016;9(12):895-905.
3) Colotta F, et al. Carcinogenesis. 2009;30(7):1073-1081.
4) Mantovani A, et al. Nature. 2008;454(7203):436-444.
5) Greten FR, et al. Immunity. 2019;51(1):27-41.
6) Yamamoto T, et al. Oncology. 2003;64(4):407-415.
7) Fukuyama T, et al. Cancer Sci. 2007;98(7):1048-1054.
8) Brunetto E, et al. J Immunother Cancer. 2019;7(1):45.
9) Yu Y, et al. Cancer Chemother Pharmacol. 2015;75(5):917-922.
10) Karin M. Cold Spring Harb Perspect Biol. 2009;1(5):a000141.
11) Kiyohara C, et al. JThorac Oncol. 2010;5(3):299-304.
12) Li Y, et al. Lung Cancer. 2015;89(3):232-237.
13) Zienolddiny S, et al. Int J Cancer. 2004;109(3):353-356.
14) Landvik NE, Carcinogenesis. 2009;30(7):1186-1192.
15) Li C, et al. Tumour Biol. 2013;34(6):3477-3482.
16) El-Omar EM, et al. Nature. 2000;404(6776):398-402.
17) Furuta T, et al. Gastroenterology. 2002;123(1):92-105.
18) Voronov E, et al. Curr Pharm Des. 2017;23(32):4893-4905.
19) Tulotta C, et al..Endocr Relat Cancer. 2018;25(7):R421-R434.
20) Carmi Y, et al. J Immunol. 2011;186(6):3462-3471.
21) Tulotta C, et al. Clin Cancer Res. 2019;25(9):2769-2782.
22) Krelin Y, et al. Cancer Res. 2007;67(3):1062-1071.
23) Kaplanov I, et al.Proc Natl Acad Sci USA. 2019;116(4):1361-1369.
24) Jayaraman P, et al. Mol Cancer Ther. 2019;18(12 Suppl):C103.
25) Guo B, et al. Sci Rep. 2016;6:36107.
26) Yano S, et al. Cancer Sci. 2003;94(3):244-252.
27) Yan Y, et al. J Cell Sci. 2006;119(Pt 14):2985-2994.
28) Arnott CH, et al. Oncogene. 2002;21(31):4728-4738.
29) Devoogdt N, et al. J Immunol. 2006;177(11):8046-8052.
30) Mollica Poeta V, et al. Front Immunol. 2019;10:379.
31) Kehm RD, et al..Breast Cancer Res. 2019;21(1):52.
32) Chan AT, et al. JAMA. 2005;294(8):914-923.
33) Trinchieri G. Annu Rev Immunol. 2012;30:677-706.
34) Renehan AG, et al. Lancet. 2008;371(9612):569-578.
35) Calle EE, et al. N Engl J Med. 2003;348(17):1625-1638.
36) Uemura N, et al. N Engl J Med. 2001;345(11):784-789.
37) Grivennikov SI, et al. Cell. 2010;140(6):883-899.
38) Gonzalez H, et al. Genes Dev. 2018;32(19-20):1267-1284.
39) Teng MW, et al. J Clin Invest. 2015;125(9):3338-3346.
40) Demaria S. Chapter 11. In:Cancer Immunotherapy. 2013;149-164.
41) Lin WW, Karin M. J Clin, Invest. 2007;117(5):1175-1183.

×

Medical Information Request

×

Ask Speakers