中長期に注意を要する副作用のマネジメント (感染症、血球減少、低γグロブリン血症)

京都大学 血液内科 北脇 年雄 先生

 

この動画では、中長期に注意を要する副作用(感染症、血球減少、低γグロブリン血症)の評価やマネジメントに関する参考論文情報、チサゲンレクルユーセルによる副作用発現の特徴についてご紹介いたします。
画面下部の画像をクリックしていただくと、動画を途中からご覧いただけます。

 

 

【動画を部分的に視聴】

感染症と発熱性好中球減少症

 

血球減少

 

低γグロブリン血症とB細胞無形成

×

Medical Information Request

×

Ask Speakers